本気で人生を変えたいのなら全力でするべき3つの行動|変化の方程式

人生を変えたい、漠然とであれば誰もが考えることでしょう。

でももしあなたが「本気で人生を変えたい」と思っているのであれば、ぜひこの3つの行動を実践してみてください。

人生を変える方程式はこれしかないと思っています。

環境について改めて考えてみる

まず具体的な3つの行動についてお話する前に、
ここで一度環境というものについて改めて考えておきたいと思います。

「環境の大切さ」というのは耳にタコができるほど繰り返されている言葉ですし、
誰しもが否定しないで認めている事実だと思います。

でもだからといって本当に心の底から理解しているとは限りません。

環境を因数分解してみる

環境とはあなたの周りを取り囲んでいるもの、
つまりあなたが毎日耳にし目にしているモノ・コトのことです。

そのうち目にするも=視覚情報というのは、
あなたが目を閉じたらシャットアウトできます。

でも耳にするもの=聴覚情報は24時間シャットアウトすることはできません。

ちなみに聴覚情報というのは、脳の中でも大脳辺縁系という
「感情」を司る部分に直接刺激を与えているので、
あなたにダイレクトに刺激を与えます。

一方視覚情報というのはまず先に「認知」してから「感情」が生まれるので、
ある程度ロジカルに判断できます。

ですからマインドコントロールも催眠術も、利用しているのは言葉ですよね。
テレビCMを作る時も、大事な訴求要素は必ず繰り返します。

それくらい耳から入ってくる情報は大事なのです。

あなたが毎日・継続的に耳にしていること

少し話がずれましたが、環境の中でも特にあなたが毎日、
継続的に耳にしている情報があなたの思考を作り上げていきます。

そしてこの思考に基づいてあなたは毎日行動したり、発言したりしています。

ではその毎日の言動が積み重なると何になるかというというと、
習慣になっていきます。

そして習慣が積み重なった結果、人生が作り上げられていきます。

つまり環境とは何なのか

つまり環境とは人生を作り上げているものなのです。ということは

環境が変われば考え方が変わり、

考え方が変われば行動が変わり

行動が変われば習慣が変わり

習慣が変われば人生が変わるのです。

本気で人生を変えたいのであれば、
強い意志や固い決意で目標を大きく掲げるだけでは意味がありません。

人間の意思の力はそこまで強くない
という事は私たち全員が身を持って経験済みのはずです。

本気で人生を変えたいのであれば、
環境が私たちの人生に与える(与え続けてきた)大きな影響力を認識して、
それを自分でコントロールする
という意志を持つところから
始めるべきだと思うのです。

それはつまり、今までのように他者や環境に流されることから決別して、
自分の人生は自分で決める、という決意を持つことです。

人生を変えるためにすべき3つの行動

では人生を変えるために環境を変えるとは、
具体的に何を変えていけば良いのでしょうか。

人生に変化を起こす、3つの要素を見ていきましょう。

付き合う人を変える

先ほどを聴覚情報が与える影響について述べましたが、
あなたが毎日耳にすることといのは、
あなたが毎日顔合わせる人達が発している言葉です。

この1週間で耳にしてきた言葉で1番多かったのはどのような内容でしょうか。

仕事の愚痴や誰かの悪口などが大半を占めていたのであれば、
その付き合いは意図的に減らしていく必要があります。

社会人になり仕事が忙しくなると、
普段の人付き合いはこの会社関連の人たちばかりになるというのはよくあることです。

職場の先輩が自分の3年後の理想の姿なのであれば何も問題ありません。

ですがもし違うのであれば、自分のなりたいライフスタイルをすでに実現している人、自分が素直にこうなりたいと思える人、または同じ理想に向かって頑張っている仲間と付き合う時間が1番多くなるように自分で付き合いをコントロールしていく必要があります。

でも実ははこれが3つの行動の中で1番難しいものだと思います。

あなたがもしラッキーなことに、自分が理想とする人と一緒にいれる関係値だったとしても、そういう人と一緒に居続けるというのは非常に疲れるんですよね。

なぜなら自分とは違うから。(だから理想の人なのですが)

考え方も、話す内容も、価値観も。

だから気心も知れていて心地のよい、今まで付き合っていた人間関係に比重を置きがちになります。

ですが、本気で人生を変えたいのであれば、理想とする人と違和感なく一緒にいることができ、同じ目線で・立場で会話ができるまで、徹底的にその人のマインド、判断基準、優先順、行動パターンに触れていきます。

自分が理想とする人、同じ理想を目指している人がいる環境に頭まで身を沈めて、洗脳されるぐらいの勢いで自分の思考回路を書き換えていきましょう。

実際に会うことができない人の場合でも、その人の書籍やサイト、ブログやSNSでの発信にすべて目を通すなど、その人のマインドに触れる方法はたくさんあります。

仕事を変える

仕事なんて変えたくてもそう簡単に変えられるものではない、もしそう思っているのであれば人生を変えるのは難しいかもしれません。

仕事とはほとんどの人にとって、1日のうちの1/3という莫大な時間を費やすもの。

多くの社会人にとって、職場で自分が無意識に受け取っている情報や人間関係が、自分の考え方や行動基準に大きな影響を与えている事は紛れもない事実です。

いきなり今の仕事をやめましょうという話ではありません。

自分の理想の人生を考えた時に、そのライフスタイルを可能にする仕事につけるよう、毎日少しずつでいいので具体的な行動を起こしましょうという意味です。

どんな仕事をしたいかではなく、どんな生き方をしたいか、そしてそれを実現するためにはどんな手段があるか、という視点で考えてみましょう。

仕事は理想のライフスタイルを実現するための手段です。

答えは転職することかもしれませんし、自分でビジネスをすることかもしれません。

具体的にわからないときは、自分が理想とするライフスタイルを送っている人達が、どのような仕事をしているのか、どのような手段でそのライフスタイルを可能にしているのかを調べてみましょう。

くれぐれも何の見込みが立たないうちから、勢いだけで無計画に今の仕事をやめて、路頭に迷うことだけは無いようにしてくださいね。

住む場所を変える

そして最後は「住む場所を変える」です。

人間とは不思議なもので、自分が身をおいている環境にふさわしい人間になるように変わっていきます。一日のうちの多くの時間を費やしている「仕事場」を変えるのであれば、住む場所を変えるのも当然です。

1番良いのは、自分が理想とする人や同じ理想を目指す仲間と、より多くの時間を過ごせる場所に引っ越すことです。

これは単純に物理的な距離感の話です。

インターネットビジネスという場所に縛られない仕事を生業としている私が言うのもなんですが、、もちろんオンライン上のやりとりだけでもコミュニケーションは完結できます。

でも、人と直接会うということは、こちらが望む望まないに関わらず非常に大きなパワーを受け取ることなんです。

自分がこうなりたいと思う人の言葉をいつでも受け取れるような環境にいる、もしくは同じものを目指している仲間の、ポジティブな言葉をいつも受け取れるような環境にいられるよう、意図的に距離を近づけることが大切です。

そしてもう1つは、理想のライフスタイルを実現するための仕事をするのに、ベストな環境が整っている場所です。これは条件の話です。

駅から近いか遠いか、都心なのか郊外なのか、周りの環境どうなのか、住む場所の選択基準というのはその人の価値観が如実に現れるものです。そしてその価値観は仕事と直結しています。

自分の理想とする人がなぜその場所に住んでいるのか、考えてみるようにしてください。

変化の方程式を使って人生を変えたいなら

人生を変えたいのであれば環境を変えること。

そして環境を変えるとは具体的には

①つきあう人を変える
②仕事を変える
③住む場所を変える

であることをお話してきました。

大事なのはこの3つ全てを変えるということです。

無理のないスピードで順番で、でも確実にこの3つを行動に移しましょう。

1つしか変えなければ、あなたの人生にはそれだけの変化しか起こりません。何も変えなければ何も変わらない未来が待っている、ただそれだけです。

今すぐにでもできることは①付き合う人を変えることです。

②仕事を変える、は一気に変えるのが難しければ、期限を決めてそれまでに変えられるよう、毎日少しずつ行動を積み重ねていきます。

そして③住む場所を変える、はできるのであれば今すぐ、現実的に難しければ②を実現したタイミングで。

そして何よりも大切なのは、この3つを変えることの目的を見失わないことです。

この3つを変える目的は、自分の日常を今までとは違う言葉やマインドで満たし、その結果自分の思考回路を書き換え、行動変え、人生を変えていくためです。

もしもあなたが、本気で人生を変えたいけれどもどうなりたいかがまだ分からないのであれば、まずは自分の理想とするライフスタイルをすでに実現している人を見つけることからはじめてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up