収入の質を変えてみよう〜お金と時間の自由を手に入れるには〜

今回はお金と時間の自由を手に入れるために、
変えていかなくてはいけない「収入の質」についてお話します。

「収入の質」について考えたことありますか?


私達が仕事について考える時に、
年収や時給など「収入の量」については
かなり明確な判断基準を持って考えますよね。

年収は最低でも500万円欲しい、
時給は1000円以上のところが良い、などなど。

一方で「収入の質」についてはどうでしょうか?

あまり聞き慣れない言葉ですが、
それらしきこと、は誰もが考えたことがあるはずです。

例えば拘束時間や仕事内容などなど。

「この仕事の方が楽そう」
「あの会社ならライフワークバランスが良さそう」

はたまた「この仕事はやりがいがありそう!」とか。

こちらは絶対的な判断基準は無く
感覚的に「なんとなくそんな感じがするから」から
選んでいることがほとんどです。

でも、イメージしたとおりで大満足!
といった結果になることは少ないんじゃないでしょうか?

・結局は毎日残業の嵐だったw
・仕事は楽だけど、一向にお給料が上がらない…
・やりがいはあるけど、それよりももっと休みたい…

こんな感じで、結局は何の仕事についても
何かしら不満が生まれてくるものです。

そのために転職を繰り返す人もいますよね。

実はこの不満の本質を辿っていくと、
全ては「時間とお金のバランス」
に集約されるのではないでしょうか?

この問題を解消して、
お金と時間の自由を手に入れたいのであれば、
やはり「収入の質」がポイントになってきます。

収入の質とは?

収入の質とは言葉の通り、

その収入はどうやって得られたものなのか

の違いを指します。私たちは

毎日仕事をして

収入をもらって

生活をしています。

仕事の種類とライフスタイルは人の数ほど存在しますよね。

でも収入に関しては2つの種類しかないと言われています。

「収入=労働×時間」型の収入

1つ目は

収入=労働×時間

という公式から成り立つ収入です。

簡単にいうと、自分が働いてその結果お給料をもらう、ということ。

私達が一般的に「収入」と聞いてすぐに思いつくタイプの収入です。

月収や年収が決まっているサラリーマンや、
時給が決まっているパートやアルバイトがこれにあたります。

ちなみに会社で一番偉い社長さんの収入もコレ。

「収入の質」という観点からみたら、
アルバイトもサラリーマンも社長も、みんな同じです。

この収入の特徴はというと…

・自分が働く

・時間と引き換えである
(労働力を提供する必要がある)

・収入の上限がある

1番の特徴は自分の時間と引き換えに獲得する収入という点です。

1日は誰にとっても24時間しかないので
このタイプの収入は上限がある、ということになります。

「収入≠労働×時間」型の収入

そしてもう一つはというと、
収入が時間と労働に比例しないタイプの収入です。

例えば、家賃収入や債券など。

自分が働くのではなく、
自分以外の「何か」もしくは「誰か」が
収入を生み出してくれるのがこのタイプです。

利益をもらえる権利や仕組みをもっている、ということですね。

こういった収入をもらっているのは
投資家やオーナーと呼ばれる人たちです。

この収入特徴は…

・自分以外が働く

・時間と労働力に比例しない

・収入の上限がない

ということです。
ここでわかりやすい比較をしてみると

・週休2日で月収50万円をもらうサラリーマン

・家賃10万円の部屋を50人に貸して、月500万円の収入がある地主

これは地主が、サラリーマンよりも10倍働いていたり、
10倍の能力がある、といったことではありませんよね。

単純に収入の質が違う、ということです。

私達が目指す理想のライフスタイルとは?

ここで思い出していただきたいのが、
私達が目指している理想のライフスタイルです。

それは

自由の時間をしっかりと楽しみ

自分の大切な人や仲間とたのしい時間を過ごす

精神的なゆとりや幸福感を高めながら

お金もしっかりと稼いでいく

これが、私達が目指しているステージです。

自分の貴重な時間を労働に費やして、
自分の心を押し殺し、
その代わりにわずかな収入をもらう。

このような世界ではないはずです。

つまり、
この理想の未来を実現していくためには、
「時間と引き換えにお金をもらう」
という次元から脱却していく必要があります。

転職をしても、お給料が上がろうとも、
自分の貴重な時間を差し出す
という関係値を終わらせない限り
時間とお金の悩みは永遠と続いていきます。

大切なのは収入の質を変えることなのです。

権利収入と労働収入

「収入=時間×労働」型の収入と

「収入≠時間×労働」型の収入。

よく前者のことを労働収入、後者のことを権利収入と呼んだりしますが、
私があえてこの表現を使わないのには2つ理由があります。

一つは「労働を否定する」ことにつながりかねないから。

こういった形で2つの収入の質を比較すると、
誰しもが「収入≠時間×労働」型の収入を望みます。

そんなのは当たり前です。

でもそれが行き過ぎると「労働の否定」につながります。

よく不労所得という甘い言葉に騙されて、
ビジネスに挑戦する人がいますが大抵は途中で挫折します。

王族に生まれたわけでもなく、
飛び抜けた金持ちの家に生まれたわけでもないのであれば、
何もせずに「収入≠時間×労働」型の収入を手に入れることはできません。

そこには必ず努力=労働が必要になってきます。

ただ、同じ努力をするなら、同じ働くのであれば、
その結果として僅かな月収や年収をもらうのではなく、
時間と比例しない収入源を構築していこう、という話です。

そしてもう一つは「権利」という言葉が誤解を招きやすいからです。

確かに家賃収入や株式などの債権は、お金をもらえる「権利」です。

一方でそこには「選ばれた特別な人だけが持てるもの」
というニュアンスが含まれているように感じるのです。

確かにインターネットが普及する以前、
たった20年ほど前まではそうだったかもしれません。

でも今は違います。

インターネットがあるからです。

インターネットの普及は商品のデジタル化を可能にして
誰もがいつでもコンテンツにアクセスすることを可能にし、
結果、個人でもオンライン上にキャッシュポイントを持つことを可能にしました。

しかも年間にかかるコストなんて1万円程度です。

莫大な資産を持っていなくても、
特別な才能持っていなくても
誰もが「時間と比例しない収入」を手にすることが可能になったのです。

ネットビジネスは収入の質を変える最強ツール

ネットビジネスの仕組みはとてもシンプルで、
することはただ一つ。

収益が発生する仕組みを構築し、インターネット上に公開しておくことです。

自分のブログやホームページのコンテンツに、
収入が発生する仕組みを組み込んでおく。

自分がそのコンテンツを削除しない限り、
インターネット上にはずっと残り続けます。

そしてそこにアクセスが集まる限り、
たとえ自分が寝てようと、ハワイのビーチにいようと
収益が発生し続けます。

しかも1年や2年といった短期のスパンでその仕組を構築することができる。

私たちはそれを当たり前のように実現していますが、
それって今までの常識から考えるとかなり凄いことです。

ネットビジネスは収入の質を変えるための、
最強のツールと言えるのではないでしょうか。

まとめ

・収入には2つの種類がある

・「収入=時間×労働」型の収入と「収入≠時間×労働」型の収入。

・お金と時間の自由を手に入れたいのであれば後者を目指そう

・ネットビジネスはそのための最強ツール

ということで、ネットビジネスって本当にやらない理由がない!ですよね。

もしあなたがお金と時間のバランスで悩んでいるのであれば、転職やバイトの掛け持ちなどといった手段で解決しようとせずに、ぜひ収入の質を変えることを考えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up