WordPressのインストール方法(エックスサーバーの場合)

今回は自分の取得したドメインに、
WordPressをインストールする方法を解説します。

前回レンタルしたエックスサーバー経由でインストールします。

この作業が終わればブログ開設まではあと一歩ですよ!!
では早速見ていきましょう^^

動画講義はこちらから。

WordPressのインストールに必要なもの

WordPressをインストールするには以下が必要になります。
まだの方は各リンクを参照に準備を済ませておいてください。

・ドメインの取得サーバーのレンタル(今回はエックスサーバー)

・ドメインとサーバーの紐付け

サーバーパネルにログインする

WordPressのインストールはエックスサーバーの管理画面から行います。
まずはサーバーパネルにログインします。



エックスサーバーには、3つの管理画面があります。
私は初心者の頃「???」だったのでそれぞれ簡単に説明しておくと…

1.インフォパネル:
メインの管理画面。契約状況や重要なお知らせなどが確認できます。
サーバーパネルやファイルマネージャへもここから入れます。

2.サーバーパネル:
サーバー設定に関する管理画面。
ワードプレスのインストールやサーバーとドメインのヒモ付などもここから。

3.ファイルマネージャ:
サーバー上にあるファイルを管理する画面。
htmlファイルやphpファイルなどをアップロードできます。

自動インストールを選択する

サーバーパネルにログインしたら左下の方にある、
自動インストール」をクリックします。

この「自動インストール」とは本来必要な、
『WordPressのHPからファイルをダウンロードして、
エックスサーバー上にアップロードする』
という一連の作業をボタン一つで自動的に行ってくれるものです。

 

そうするとこのサーバーに紐付けられている、ドメインの一覧が表示されます。
その中から今回WordPressをインストールしたいドメインを選択します。

 

自動インストールの画面に移ったら、
上にあるタブの「プログラムのインストール」を選択します。

すると自動インストールできるプログラムが表示されますので、
WordPress日本語版を選択しインストールしていきます。

WordPressのインストール設定

インストール設定をクリックするとこのような画面になります。

各項目について説明していきますね。

①URL:
WordPressをインストールするURLです。
ここは何もいじらなくてOKです。

②ブログ名:
まだ決めてないよ〜!!という方もいると思いますが、
ここは後で変更できるので悩まずに記入しておきましょう。

③ユーザー名:
WordPressの管理画面にログインする時のIDになります。

④パスワード:
WordPressの管理画面にログインする時のパスワードです。

⑤メールアドレス:
WordPressからの通知が届きます。
広告などではなく重要なお知らせですので、よく使うアドレスにしておきましょう。

⑥データベース:
自動でデータベースを生成する、にしておきます。

各項目をすべて埋めて、
「インストール(確認)」ボタンをクリックします。

すると記入事項の確認とともに大きな赤字で、

インストールを行うと、インストール先ディレクトリ内の「index.html」が削除されます。ご注意ください。

という注記が出て一瞬ドキッッとするのですが、
気にせず「インストール(確定)」ボタンを押しましょう。

インストール完了!でもこれを忘れないように!

すると…
これでWordPressのインストールが完了です!

晴れてあなたのブログがインターネット上に出来上がりました✨

が!ここで最後の注意点です。

①にあるのがWordPressのログイン画面のURLです。

これから毎回このURLを使いますので、
ブックマークを忘れずに行いましょう。

そして②にあるのが先程設定したIDとパスワードです。

WordPressログインの際に必要になります。

忘れたらログインできませんので、
必ずどこかにメモしておきましょうね。

これが記念すべきブログライフの第一歩です♪♪

一緒にブログ収益化に向けて頑張って行きましょう〜\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up