【ドメイン】comやjpの種類による違いは?ブログにはどれが良い?

ドメイン,サーバ

オリジナルブログを開設する際には、
オリジナルドメインを取得する必要があるのですが、
初心者の方には「??」がたくさん潜んでいるポイントでもあります。

その一つが、
「.comや.jp.netとか、ドメインの種類によって何が違うの?」
「どのドメインを取得したら良いの?」
といったものだと思います。

ドメインの種類による違いと
メリット・デメリットについて解説していきます。

.comや.jpなどドメインの種類と意味

ドメインのうち.comや.jpの部分を「トップレベルドメイン」と呼びます。

こちらが代表的なトップレベルドメインと、
ドメイン種類別の特徴をまとめた表です。

.com企業向ですが、誰でも取得できる一般的なドメイン
.netネットワーク事業者向けですが、誰でも取得できる
.org非営利組織用のドメイン。誰でも取得できる
.co.jp日本で登記している企業しか取得できない。1社1つまで
.jp日本在住であれば誰でも取得できる
.xyz特に意味を持たない新しいドメイン。誰でも取得可能
.tokyo「東京」にあることを示すドメイン。誰でも取得可能
他にも.okinawaなどがある
.コム2016年に開始された新しいドメイン。日本国内向けで誰でも取得可能

企業向けであるco.jp、日本にあることを示す.jp以外は、
誰でも取得することができます。

.comや.jpなどドメイン別の違いは

それでは.comや.jpなどトップレベルドメインごとに
どのような違いがあるのでしょうか?

ドメインにかかる費用が異なる

ドメインには
・ドメインを取得する時にかかる「取得金額」
・ドメインを使用し続ける際にかかる「更新料」
・ドメインサービス会社を変更する際にかかる「移管料」
の3つの費用がかかります。

.comや.jpなどのドメインごとにこれらの金額が異なります。

一番顕著なのは「取得費用」です。

ムームードメインで金額を比較してみるとこのような結果に。

.co.jp:¥3,780
.jp:¥2,840
.com:¥499
.net:¥399
.xyz:¥99

日本にある企業しか取得ができないco.jpが高額なのに対し、
新しいドメインの.xyzはたった99円と
かなり金額に開きがあります。

ドメインによりサイトの信用性が異なる

これだけ金額に開きがあるのにも理由があります。

例えば、co,jpは所在地が日本の企業で、
しかも1社につき1つまでしか取得することができません。

これを前提にするとco.jpドメインのサイトは
実在する企業のサイトであり、信頼性はかなり高いといえます。

日本にある企業の90%以上がco.jpのドメインを使用していると言われています。

あなたが法人企業の担当者で、
これから新たに会社のホームページを立ち上げる
のであればco.jpを取得すべきといえるでしょう。

さらに.jpも日本に在住している、という条件があり、
取得条件が無いドメインよりは信頼度が高いといえます。

.com.net .xyzなどは特筆すべき大きな違いは無い、
というのが現状です。

ドメインによってSEOに影響はあるの?

特にありません。

サイトのSEOに一番大きく影響しているのは
サイトのコンテンツであり、
ドメインによってSEO的に不利になる、
ということはありえません。

ただし、http://味の素.jp/のように
日本語のドメインには.jpが有利と言われています。

オリジナルブログにはどのドメインが良いの?

個人がオリジナルブログを立ち上げる際には、
ドメインの種類は特に気にする必要がない、
というのが結論です。

アフィリエイトブログであっても、
趣味の日記ブログであっても同様です。

あなたが今までドメインを気にすることなど無かったように、
一般の方は.jpだろうが.comだろうが気にする方はまずいません。

私も全く気にしたことなんてありませんでした^^;

.comや.net、また特に意味を持たない.xyzなどを
使っていけば問題ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up