パーマリンクの設定方法|WordPressでブログ開設後まずやろう!

この記事を読まれているということは、
一つ目のハードル・ブログ開設が終わったということですね!

おめでとうございます(*^^*)

プラグインをインストールしてあとは記事を書くだけ…

と思いきや、その前にこのパーマリンクの設定を
済ませておくようにしてください。

10個も20個も記事を書いた後にすると色々大変ですので!
(詳細は後で説明しますね)

そもそもパーマリンクって何?

ということでまず簡単に、
パーマリンクについて説明しておきますね。

パーマリンクとはウェブサイトの各ページのURLのことです。

この記事のURLを見てみてください。
この部分がパーマリンクです↓

サイトのTOPページは記事更新がある度に
表示される内容がアップデートされていきますが、
記事ページはずっと変わらず同じ内容が表示されますよね。

いつアクセスしても同じ内容が表示されるから、
パーマネント(ずっと変わらない・半永久的)なリンクなんですね。

パーマリンクには色々な種類がある

実はこのパーマリンクは色々な種類があります。

例えば上段のように「投稿月/投稿名」といったものや、
下段のように「archives/数字」といった形式などなど。

ちなみにWordPressのデフォルトは「記事番号」です。↓

どの種類のパーマリンクを使用するかは、
サイト運営者が決めることができます。

どのパーマリンクが良いの?

結論から言うと、
パーマリンクは「投稿名」に設定して、
記事の内容を英単語で完結に表記するようにしましょう。

この記事はパーマリンクの設定に関する内容だから、
pj-freedom.com/permalink-setting/

プラグインとは何か?という記事なら、
pj-freedom.com/plugin-about/

といった感じです。

簡単にその理由を説明しておくと…

シンプルなURL構造

GoogleはシンプルなURL構造を推奨しています。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。引用元:Google Search Console ヘルプ

またこんなことも言っています。

URL では区切り記号を使うと効果的です。http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。引用元:同上

パッと見で何が書かれているページなのか
シンプルで分かりやすいパーマリンクをGoogleは評価しています。

しかもわざわざ「長い場合はハイフンで区切るように
とまでアドバイスしてくれているなんてw

従わない理由はありませんよね。

引用元のGoogleの記事もきちんと読んでおこう!

YUME

クロール時の問題が起こりづらい

複雑なURLは検索エンジンがサイトをクロールする際、
問題を起こすこともあるとGoogleは言っています。

つまりその記事がきちんとインデックスされない
=検索エンジンに上がってこないということですね。

読者に与える印象

もしあなたが読んでいる記事のパーマリンクが
このようなものだったらどう感じるでしょうか?

pj-freedom.com/2010/10/5/permalink-setting/

初心者くん

2010年に書かれた記事?古くて読みたくないかも…

そう、読者にマイナスの印象を与えてしまうこともあり、
何より長くて読みづらいですよねww

一度設定したら変えないこと

そしてパーマリンク設定で一番大事なことは、
パーマリンク設定はブログ立ち上げ初期に設定して、
以降は絶対に変えないということです。

なぜならパーマリンク設定を変えることで、
過去記事も含む全てのURLが書き換わります。

つまり今までインデックスされていた記事のURLも変わり、
その記事が積み重ねてきた評価が全て無くなってしまうのです。

またゼロからクロールされるのを待ち、
検索結果に表示されるようにSEOを積み重ねていかなくてはいけません。

初心者くん

お、恐ろしすぎるゥw

WordPress上でパーマリンクを設定しよう!

ということで実際にWordPressの管理画面から
パーマリンクの設定を行っていきましょう。

前述のようなパーマリンクを設定するためには、

1.管理画面でパーマリンクを「投稿名」に変更しておく
2.記事作成時にその都度英単語でパーマリンクを書く

という2つのステップが必要です。

管理画面ですべきパーマリンク設定

1. パーマリンクの設定画面へ

まずWordPressの管理画面から
「設定」→「パーマリンク」と進みます。

2. 投稿名にチェック

するとこんな画面になりますので、
「投稿名」のところにチェックを入れて完了です。

「変更を保存」ボタンを押すのを忘れないように!

これで記事タイトルがパーマリンクとして表示されるようになりました。

記事作成画面ですべきパーマリンク設定

でも実は記事タイトルがそのままパーマリンクに
なってしまうことには問題があります。

それはパーマリンクが「日本語」になってしまうから!

こんな感じですね。

日本語のままだと検索エンジンは認識できないため、
実は日本語のURLはこんな風に
我々には解読できない英数字にエンコードされます↓

pj-freedom.com/%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%9E%e3…(延々と続くw)

シンプルなURLとはかけ離れていますね。

ということで記事を書くたびに毎回、
英単語のパーマリンクに書き直すという作業を行います。

初心者くん

め、めんどくさすぎるゥ〜〜!!!!
それが、一瞬で終わるんだな、コレが!

YUME

1. タイトルを入力するとパーマリンクが表示される

記事作成画面でタイトルを入力すると、
このようにパーマリンクが表示されます。

このままだと日本語なので、
「編集」ボタンを押してパーマリンクを書き換えます。

2.パーマリンクを書き換える

編集ボタンを押すとこんな感じで、
パーマリンクが編集できるようになります。

記事の内容に合った英単語でパーマリンクを書き換えましょう。

長くなる場合はGoogleのアドバイスの通り、
ハイフン(-)を使って単語を区切ります。

「permalink-setting」とか「blog-about」などですね。

たま~に「ローマ字」で「pamalinku-settei」とか書いちゃう人がいるんだけど違うからね。。

YUME

これでパーマリンクの設定は完了です!

後は実際に記事を書いていくだけです☆

もし何を書いたら良いかわからない人は、
私のメルマガで稼ぐための記事のヒントをお教えしているので
ぜひ登録してみてください。

ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up