働き方に悩む30代女性におすすめしたいネット起業という選択肢

女性の30代はライフスタイルが大きく変わるタイミング。

結婚や出産といったライフイベントだけでなく、
社内でも責任ある立場を任されるようになり、
これからの働き方について大いに悩む時期でもあります。

かつて外資系企業の営業として最前線で働いていた私も、
30代に入り働き方と人生のバランスを取ろうと試行錯誤していました。

転職・移住などさまざまなチャレンジをした私が、
最終的に選んだのは《ネット起業》という選択肢。

会社に雇われずに、ワークスタイルから収入まで、
すべてを自分自身でコントロールすることができる。

これからの時代に合った柔軟で自由なこの選択肢を、
みなさんにご紹介したいと思います。

30代女性が直面する働き方の問題

ただ目の前のことをがむしゃらにこなしてきた20代とは違い、
30代女性はこの年代特有の問題に頭を悩ませます。

年を追うごとに大きくなる職場での責任

私は31歳の時にマネジメント職になりました。

すると今までの評価基準に加え、
・チームメンバーの育成/・予算達成/ ・ビジネス拡大
といった管理職としての資質が要求されるように。

特に売上に対する責任が伴うというのは、
精神的にもかなりのプレッシャーでしたね。

寝ても覚めても、まずは仕事のことが頭に浮かんできました。

30代女性社員は使い勝手が良い

そして30代女性は20代の頃にも増して、
たくさんの仕事が降ってくるようになります。

というのも、語弊を恐れずにいえば
30代女性はめちゃくちゃ使い勝手の良い人材だから。

20代にはない経験値と安定感、
40代以上にはない柔軟性も持ち合わせている。

そして私の経験上、女性って本当に優秀な人が多い。
(男性がダメというわけではないですよ)

ということで、現場で主戦力とされるのは大抵30代女性です。

「〇〇さんも、△△さんもいるのに、また私!??」

と、偏った仕事量の配分にいつも疑問を持っていました。

結婚・出産への焦りと両立

そして30代女性の悩みのトップに君臨するのがコレ。

月の残業が100時間を超えることもザラな業界で
バリバリ仕事をこなすかたわら、

「このまま働き続けて結婚できるんだろうか」

という不安が常に頭の中にうごめいていました。
子供が欲しければタイムリミットもありますしね。

そして結婚・出産を経験した人は、
今まで通り時間に追われてバリバリ働くか、
キャリアを諦めて仕事の負担を軽くするかの
選択を迫られるようになります。

二択を迫られて陥るジレンマ

ワークライフバランス、女性も働きやすい職場、
なんて声高に叫ばれてはいますが、
実際にこれが叶う職場ってどれ位あるのでしょうか?

少なくとも私(や私の友人の多く)に与えられた選択肢は

・色々なものを犠牲にしながらキャリアを積むか

・キャリアを諦めて職を変えるか

の2つしかありませんでした。

友人の多くも大学卒業後は総合職として就職しましたが、
3年後には約9割が一般職に転職していました。

10年間総合職としてバリバリ働いていた私は、
かなりレアな存在。

仕事なんて辞めたい!!と思いながらも、
10年というキャリアを積んだ私はジレンマと戦っていました。

収入に対するプライド

30代女性ともなると年収もそこそこの金額になります。

ストレスは多くても好きなものを買えて、
年に1〜2回は海外旅行に行く余裕もある。

もっと楽な仕事がしたい、なんて言いながら
この生活水準を下げることはなかなか受け入れられませんでした。

キャリアに対するプライド

そして、仕事が辛い・嫌だと言いながら、
キャリアに固執していたのは他でもない自分自身でした。

だって10年間も色々なものを犠牲にして、
バリバリと最前線で働いてきたんです。

犠牲にしてきたものが大きいぶん、
それを手放すのにも勇気がいります。

そして一度キャリアを捨てたら二度とそこには戻れない
という恐怖心もありました。

キャリアと自由な働き方の両立ができるネット起業

生活水準を保つためにはバリバリ働き続けるしかない。

楽な仕事をしたかったらお給料を下げるしかない。

でも働きたくない訳じゃないんです。
むしろ働いていたいし、経験値もある。

ただ、時間とストレスに追われ消耗するような働き方ではなく、
自分のライフステージやスタイルに合わせた自由な働き方がしたいだけ。

ただそれだけなのに、『収入』という
豊かなライフスタイルを送る上で絶対に欠かせないものを
諦めなくてはいけない、というのは納得がいきませんでした。

そして転職や移住といった試行錯誤を繰り返した結果、
(このあたりの話は私のメルマガで暴露しています^^)

「会社に雇われている以上はこの二択しかない。
両方を手に入れたければ自分のビジネスを持つしかない。」

という結論にたどり着いたんです。

そして自分の力でお金を生み出す方法を探しまくった結果、
ネット起業が一番現実的かつ、やってみたいと思える選択肢でした。

ネットの仕組みを使って価値を提供する

それから会社員生活と並行して副業でビジネスに取り組み、
1年半後には会社を辞めて独立・起業をしました。

起業家、というと才能に溢れた特別な人…、
というイメージかもしれません。

でも私がやっていることは、
サラリーマン時代にやっていたことと変わりません。

価値の提供です。

ただ一点違うのは、
ネットという仕組みを使って
その価値が自動的に提供されるようにしているということ。

自分のメディア(ブログ)を運営すると、
私が提供する価値を必要とする人が集まる→対価を受け取る→価値を提供する、
これが完全に自動化できるのです。

アマゾンやポータルサイトなんかを想像してもらえたら分かりやすいかと。

ネット起業とは、一般的なビジネスと同じ「価値の提供」を、
ネット上で完結するように仕組みを作っていくだけのことです。

自由な働き方を叶えるビジネスモデル

ネット上で完結するとはどういうことかというと、
私が働かなくても24時間365日、
私の代わりに働き続けてくれるということ。

私がハワイのビーチにいても、
自宅のベッドで寝ていても、
子供の世話をしていても、
私の代わりにブログが仕事をしてくれているのです。

そして仕事はPC1台で完結します。

つまりネットの特性を活かして、

・好きな場所で
・好きな時間に
・好きな分だけ仕事をする

という自由な働き方を叶えてくれる、
そんなビジネスモデルなんですね。

労働力と収入が比例しないビジネス

そして収入は自分で自由にコントロールすることができます。

1億円稼ぎたかったらそれにふさわしい仕組みをつくる。
3千万を稼ぎたかったら3千万を稼ぐための仕組みをつくる。

これも詳しくはメルマガの中で解説していますが、
その労力はリアルのビジネスとは比べ物ならないほど少なくて済みます。

高い収入をキープするために自分の時間を犠牲にするか、
楽な仕事にスイッチして年収を落とすか。

そんな時間とお金のシーソーゲームから、
見事に脱却することができます。

IoTの時代にふさわしいキャリア

すべてのものがインターネットに繋がるIoTの時代。

ネット上のマーケティングスキルというのは、
企業・個人を問わずにますます重要なスキルになります。

ネット起業をすることで

・オンライン集客

・セルフブランディング

・コピーライティング

といったマーケティングに必要なスキルを
すべて習得することができます。

(逆にこれらのスキル無しにビジネスの成功はありません。)

これらは同じくネット上でビジネスを行う一般企業の間でも、
強く求められているスキルであり、
ネット起業家の中には一般企業のアドバイザーやコンサル活動
行っている人も珍しくありません。

ネット起業という選択肢は、IoT時代のこれからに
ふさわしいキャリアだと私は思っています。

会社で働きながら、
働き方と収入の狭間で悩みを抱えている30代女性には、
ネット起業という選択肢も視野に入れてみてください。

あなたのこれからの人生の選択肢を、
間違いなく増やしてくれるビジネスです。

私の初心者向け・ネット起業講座に興味がある方は、
下記のバナーからメルマガに登録してみてくださいね。

それではこの辺で失礼します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up