WordPress新規インストール時にサイトをSSL化する方法

ユーザーに安心してサイトにアクセスしてもらうために、
サイトのSSL化は今や運営者にとっての必須事項。

初心者くん

え、えすえすえるか???
「https」から始まるサイトあるでしょ?それは通信が暗号化されていて、ユーザーが安心して使えるサイトである証明なの。 SSL化されていないサイトはユーザーからの信用度も、Googleからの評価も低くなってしまうよ。

YUME

サイトのSSL化設定は、
新規でWordPressサイトを立ち上げる時に済ませておくのが
一番手間もかからずオススメです。

今回はエックスサーバーを使っている場合の、
新規WordPressサイトのSSL化設定を解説します。

新規WordPressサイトをSSL化するステップ

SSL化に必要な設定は大きく分けて2ステップです。

1.ドメインにSSLを設定する

2.httpではなくhttpsサイトが表示されるようにする

 ①サーバー側でリダイレクト設定をする

 ②WordPressのアドレスをhttpsに変更する

ドメインをSSL設定するだけではダメで、
そのドメインにアクセスしたら「http」ではなく「https」のアドレスに
リダイレクトさせる設定をする必要があります。

リダイレクトの為の設定は①サーバー②WordPressの両方で行います。

5分もあれば終わっちゃうよ

YUME

SSL化はサーバーで行う設定ですので、
エックスサーバーのサーバーパネルにログインしておいてください。

1.ドメインのSSL設定

まずはドメインのSSL設定を行います。

詳しくみる

新規ドメイン設定時にSSL設定をする

新規ドメインを取得したら
まずはサーバーにドメイン設定をする必要がありましたね。

>>ドメイン取得後の設定方法

新規のドメイン設定の際に、
ドメインのSSL設定をワンクリックで行うことができます。

1.サーバーパネルからドメイン設定を選択


2.ドメイン設定追加から新規ドメインを追加する

新しく取得したドメインを入力する際に、
下の方に「無料独自SSLを利用する(推奨)」とあります。

デフォルトでチェックが入っているかと思いますが、
これでドメインのSSL設定は完了です。

ドメイン設定,SSL化,エックスサーバー

カンタンッ!!

YUME

こんな感じで設定されたドメインが「https://〜〜」になっていて、
無料独自SSLが「設定済」となっていればOKです↓

WordPressをインストールしておこう

この時点ではまだドメインとサーバーが紐付けられただけの状態です。

このドメインでサイト構築するために、
登録したドメインにWordPressをインストールしておきましょう。

>>WordPressのインストール方法

2.httpではなくhttpsサイトが表示されるようにする

ドメインをSSL設定しただけではサイトはSSL化されていません。

自分が取得したドメインにアクセスすると、
httpのサイトが表示されてしまいますよね。

ドメイン設定,SSL化,エックスサーバー

初心者くん

せっかくSSL化したのに…

そうなんです、通常はURLにアクセスすると「http」のURLが表示されるので、
これをhttpsのURLに転送されるように設定をする必要があるのです。

これはサーバー側WordPress側の2箇所で設定をします。

①サーバー側でリダイレクト設定をする

まずはエックスサーバー側で、
「このURLにアクセスされたらhttpsに転送するように」
とリダイレクトの設定をします。

詳しくみる

1.サーバーパネルからhtaccess編集をクリック

エックスサーバー,htaccess

初心者くん

ふたっksh☓¥☆…??なんて読むんスカww
htアクセスね

YUME


2.冒頭にリダイレクトのためのコードを追記する

htaccessを開くとこのような状態になっています↓

ここの冒頭に、
「このURLにアクセスしたらhttpsに転送してね〜」
というコードを追記します。

記述するコードはこちら。

htaccess

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

こんな感じで冒頭にコピペして挿入しましょう。

エックスサーバー,htaccess

不安な方はエックスサーバーの説明ページを確認してください。

これであなたのドメインにアクセスしたら
無事httpsが表示されるようになりました。

WordPressのアドレスをhttpsに変更する

そして最後にWordPress上でサイトのアドレスを
httpからhttpsに変更しておきましょう!

詳しくみる

1.WordPressの管理画面にログインします

設定→一般と進むと

・WordPressアドレス

・サイトアドレス

という項目があります。

wordpress,管理画面

初心者くん

わかった!これをhttpsにするんスね!!
その通り!!これでにっくきhttpともおさらばよっっ!!

YUME


2.アドレスをhttpからhttpsに変更する

こんな感じで「s」を加えて「https://〜〜」に変更しましょう!

wordpress,管理画面

これで設定は完了です!

設定完了!SSL化したサイトには鍵マークが

無事URLにアクセスするとhttpsに移行して、
鍵付きマークが表示されるようになりました!

ssl化,https

Googleは2018年7月リリースのChromeバージョン68から、
SSL化されていないサイトに対し

「保護されていない通信」

と警告を表示するように仕様を変更しました。

これはGoogleの明確な「httpサイト排除」の姿勢であり、
明言はされていませんが当然ながらSEOにも影響する要素であるはずです。

サイト開設の際は「SSL化は絶対!」ぜひやっておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up