ChromeでFlashが再生できなくなった!新仕様への対処法

Chromeの段階的な仕様変更によって、Webページ上のFlashコンテンツの再生ができない、という現象が起きています。

ついこの間まで見れていたのに…設定を変更してもダメ、AdobeのHPから最新版をインストールしてみたけど再生できない、といった時にこちらの対処法を試してみてください。

ワンクリックで解決できます。

ChromeでFlashが再生できない

Chromeで動画コンテンツを見ようとすると、ここ2〜3日このような表示が出るようになりました。

Flash Playerがインストールされていません
Flash Playerのバージョンが古い
Flash Playerが無効になっています

といった表示が出てきて動画を再生することができません(涙)

あれ、昨日まで普通に見れていたのになんでだろう…と調べてみると、GoogleによるChromeの仕様変更によるものだとわかりました。

Sponsored Link

FlashよりHTML5を優先するChromeの仕様変更

もともとAdobeのFlash Playerにはセキュリティ上の脆弱性が指摘されており、Adobe自身も警告を発信してその都度修正プログラム含んだ最新バージョンを提供してきました。

Chromeはこのような一連の流れを受け昨年から、「今後はFlashからHTML5を優先していく」というアナウンスをしてきていたようです。

Today, sites typically use technologies like HTML5, giving you improved security, reduced power consumption and faster page load times. Going forward, Chrome will de-emphasize Flash in favor of HTML5.引用元:Google blogから

要はHTLM5の方が安全でページも読み込み速度も早いから、今までデフォルトとしていたFlashからHTML5に切り替えますよ、ということです。

そして2016年12月にFlashからHTML5を優先していく具体的な計画を発表。

GoogleグループにあるChrome開発チームのディスカッションによると、Flashコンテンツの停止は2016年の9~12月期からで、この時期以降、Chromeブラウザーはメインの動画であってもFlashコンテンツを再生しない設定がデフォルトとなります。引用元:engadget

つまり、Chromeが最新バージョンにアップデートされたことで、Flashコンテンツを再生しない設定がデフォルトとなり、Flash Playerによる動画再生ができなくなってしまった、ということですね。

Sponsored Link

ChromeでFlashが再生できなくなった時の対処法

とうことで、この「FlashよりHTMLを優先するデフォルト設定」を無効にすればよい、ということで早速設定を変更してみましょう。

Chromeのブラウザを開き、アドレスバーに下記を貼り付けてページを開きます。

chrome://flags/#prefer-html-over-flash

そうするとこのような画面が表示されます。

FlashよりHTMLを優先する」の部分が「既定」となっているはずなので、これを「無効」に変更します。

するとChromeの再起動ボタンが表示されるので、ボタンを押して再起動すれば完了!

無事Flash動画も再生されるようになっているはずです♪

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up